フォト

« 【報告】大勢で本格中華料理を楽しむ会(第63回) | トップページ

2017年3月21日 (火)

【参加者募集】大勢で本格中華料理を楽しむ会(第64回)

今回の大本中は以下の通り開催します。

● 概要
『大勢で本格中華料理を楽しむ会(第64回)』
 日時:2017/ 4/18(火) 19:30~21:30
 店名:【湖南】高田馬場・李厨
 住所:東京都新宿区高田馬場3-4-16 MKビル2F
 URL:https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130503/13206124/

● 今回の大本中について
今回のお店、高田馬場・李厨は大本中では初めて行くお店です。厨師の李さんは湖南省長沙ご出身で池袋の四川料理・品品香におられた方です。このたび高田馬場に新しくお店を出されました。私は李さんのお料理を、池袋で開催された「中華地方菜研究会〜旅するように中華を食べ歩こう〜」の第11回に参加していただきました。いつかこのお料理を大本中の皆さんにも是非楽しんでいただこう!と思い、将来の大本中開催について本多さんにもお許しを得ておりました。その機会を待つうちに李さんが移られましたので、このたび新しいお店で開催することとなりました。
そして、なんとその時に湖南の特徴ある料理を色々オーダーしてくださった本多さんが「中華地方菜研究会」とのジョイントでの開催をお声掛け下さり、是非に!ということで今回も共同での開催とさせていただきます。
さらに今回は、お店が周囲の方にも広く知られ利用されると良いなぁという想いから「高田馬場新聞」ともジョイントさせていただき、トリプルジョイントです。
中国の辛い料理としては、痺れる「麻」の味わいと組み合わせた「麻辣」を特徴とする四川料理が有名ですが、湖南料理の辛さはストレートに唐辛子の辛さが前面に出ています。しかし唐辛子にもさまざまな種類があり、また唐辛子を発酵させた特徴ある調味料なども使われており、辛いなかにも幅と奥行きのある様々なバリエーションがあるのだな、というのがそのときの私の感想です。
本場湖南の厨師がつくる正宗湖南菜、一緒に味わってみませんか?

◉高田馬場新聞・中華地方菜研究会・大本中、それぞれから情報をご覧になった方は、いずれか1箇所からのお申し込みでOKです。

高田馬場新聞
http://babashinbun.com/
中華地方菜研究会〜旅するように中華を食べ歩こう〜
https://www.facebook.com/tabichuka/

● 申込期限
人数確定の必要があるため、今回の申込期限を開催日3日前の
【4/15(土)19:00】とします。(お店からの要望で16日13:00から変更となりました)

● 定員
・定員に達した場合、キャンセル待ちでの受付となります。
・状況によりご参加をお断りする場合がありますがご容赦ください。

● キャンセル
・上記申込期限まで無料でキャンセルを受け付けます。
・キャンセル方法は申込み時と同じフォームで「参加キャンセル」で再登録してください。
・上記申込期限後のキャンセル、キャンセル手続きなしで不参加の場合には、当日徴収した会費を上限に、欠席分の会費を後日、振込等でお支払いいただく可能性があります。あらかじめご承知おきください。

● 参加申込
・参加ご希望の方は、以下のフォームへご入力のうえご送信ください。
・お連れの方とご参加の場合には、管理の都合上、一人ずつフォームをご送信ください。

お問い合わせは左の「 ■ メール送信 」からメールでどうぞ。

鳥類

« 【報告】大勢で本格中華料理を楽しむ会(第63回) | トップページ